イベント・レッスン

【スペシャルレポート】2013秋冬トレンドメイク セミナー

先日、JHMAA会員限定のメイクセミナーを開催!今回も満員となり、沢山の方に参加していただきました。嶋田先生が厳選した旬のアイテムを使用し、2013秋冬の最新のメイクをお伝えしました。

完成写真

レッスンレポート

今年の秋冬のトレンドは赤リップが主流。様々なブランドから赤リップが店頭に並んでいますね。赤・ボルドー・ダークなピンクなど赤みの強いものがオススメです。リップは重ため、その分アイメイクは軽め!このメイクスタイルが秋冬のポイントです。

1.コントロールカラー

今年はハーフマットな質感がトレンド。
下地も極力うすく付ける。カバーしたい目周りなどはしっかりめに。

2.ファンデーション

リキッドファンデ少量をファンデーションブラシで付ける。首と同じ色に作ることを意識し、仕上げはスポンジを使用。ファンデーションの厚さをとり、素顔のような仕上がりに。

3.コンシーラー

パレットコンシーラーのアプリコットカラーで目の下の三角コーナー、まぶたをカバー。目頭にハイライトカラーを入れる。リキッドコンシーラー(EX02)でほうれい線カバー。赤リップを付ける為、小鼻のくすみはしっかりとるように。
口角、唇の上にハイライトを入れる(リキッドコンシーラーEX01使用)

4.パウダー

シューティングスター・ボーテをブラシでのせる。自然なハーフマットの肌質を作るように心がける
一番下のカラーでハイライトとして、目の下/ほうれい線/Tゾーン/口角/唇の上へ

5.アイブロウ

まゆでアーチを作るのは古い→ナチュラルに軽く仕上げること。太めで直線的、そして眉尻が短いのがポイント。ダークな色はあまり使わず、軽く仕上げる。ペンシルを使用して、敢えて凸凹感を作ると今っぽくなる。

6.チーク

MACのチークで広くふわっと薄く入れる

7.アイシャドウ

ハイライトブラシで眉下にシャネルのチークカラーをのせる。MACのクリームタイプのチークカラーで、指でアイホールを超えるくらいまでのせる(※水溶性ですぐ乾くので、上からパウダーをのせなくてOK)KATEのチークカラー(サーモン系)で目の際から2/3のところまで入れる。

8.アイライン

まつ毛の間をランコムのペンシルで埋める。まつ毛の際は細く入れる、(キレイに引かなくてよい)→アイラインブラシでぼかす(目を開けてモデルさんの元々の目の形に必要な部分を調整する)
下まぶたは足りなく感じる場合はアイラインを点状に入れる。

9.マスカラ

根元にボリューム、毛先は繊細に上下つける。アイラインとまつ毛で可愛さを出すことを忘れない。

10.リップ

・MAC→鮮やかな色
・シャネル→やや赤にちょっとピンクを入れた感じ
・クレード・ポー→朱色
今回はMACとクレード・ポーを混ぜて使用。秋冬のトレンドの唇の形は、上はややインカーブ。

セミナー内で使用したアイテム

【ベースメイクアイテム】
ブリリアージュ商品を使用
・メイクアップベースフェイスレスポンサー
・リキッドファンデーション スリーディメンションズグロウ
・リキッドコンシーラー
・パレットコンシーラープロフェッショナルパフォーマンス
・プレストパウダーシューティングスター・ボーテ
【アイブロウ】
・ローラメルシエ ディープブロンズ
【アイシャドウ】
・KATE プレストチークカラーRD1(チークをアイシャドウとして使用)
・KATE プレストチークカラーPK-2(チークをアイシャドウとして使用)
・マキアージュ トゥルーアイシャドウBR722
・MAC プロロングウエア ペイントポット
・シャネル ジュコントゥラスト86(チークをアイシャドウとして使用)
【アイライン】
・ランコム コールイプノ WP01
【マスカラ】
・ヘレナルビンスタイン ラッシュクイーンコブラブラックWP
【チーク】
・MAC プロロングウエア ブラッシュ ステイプリティ
・イヴ・サンローラン パレット パリジャンナイト RUE DE BABULONE
【リップ】
・シャネル ルージュアリュール ヴェルベット317
・MAC リップスティックリレントレスリーレッド
・クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブル311

インタビュー

星泰衣さん

「基本を教えてもらいながら、毎年のトレンドの違いの教えてもらえるのは勉強になります!!」

木崎祐子さん

「嶋田先生のテクニックや指使いが勉強になりました。魔法の手のようにモデルさんを活かしながらトレンドを取入れるテクニックが毎回楽しみです。」

山室敬義さん

「型にハマらないメイクが勉強になった。卒業してから時間が経っていたので、トレーニングとして来て良かったです。」