イベント・レッスン

JHMAA会員限定メイクセミナー 〜エイジングメイク〜
スペシャルレポート
先日「JHMAA会員限定メイクセミナー」を開催致しました。理事長の嶋田ちあき自らが指導にあたる本セミナー。今回のテーマを「エイジングメイク」と題し、世代に応じたひとりひとりの魅力を引出すメイクのポイントを伝授しました。
参加者の皆様からは、目からウロコのテクニックが満載でとても勉強になったと大盛況のセミナーとなりました。今後の活動にどんどん生かしていただければ幸いです。

After

Before

レッスンレポート

嶋田のテクニックが満載だった今回のセミナー。
エイジングメイクというと、気になるところを隠すために厚くメイクしたり、リップラインをしっかり作りたくなりますが、若々しく輝かせるメイクには逆効果。薄く透明感のある肌とトレンド感のあるメイクを心がけましょう。
では、セミナーを振り返ってみましょう!

素顔の状態

1.ベース

若々しくみせるメイクは、ベースも気を抜けません!ほうれい線や口角などリフトアップを目指して、多めに塗ります。

2.ファンデーション

厚塗りになると、若々しさ半減!薄く均一にしっかりフィットさせます。

3.ハイライト

目の下、こめかみ、目頭、頬、などハイライトでリフティングさせます。全体に塗っては逆効果なので、ポイントを定めてハイライトをいかします。
ノーズラインなどには暗い色をいれてメリハリを。

4.フェイスパウダー

厚塗りは禁物。素肌感を大切に!全体に軽くのせます。ゲランのパウダーもオススメ。

5.眉

眉とアイラインはとても重要です。古い印象のメイクにならないようトレンドの形にしましょう。色も淡すぎると逆に老けてみえます。

6.アイシャドー

これも明るすぎる色は老けてみえます。グリーンやパープル、ピーチなど細く際だけに塗りましょう。

7.アイライン

しっかりまつげとまつげの間を埋めましょう。上のラインは全体に、下は目頭5mmあけてもいいでしょう。

8.チーク

頬が上がってみえるチーク!笑った頬の膨らみのやや上部にチークをのせます。きれいな色を選びましょう。ピーチ、ピンクなど。

9.まつげ

ビューラーで軽くあげて、つけまつげ。オススメは長さが短くて自然な物。上げ過ぎず、目尻がちょっと上がるくらいに。

10.リップ

あえてラインをつくらず、よりトレンド感のあるリップに!

完成

セミナー内で使用した厳選アイテム

セミナーのデモンストレーションでは、シーズン毎に発表される膨大なアイテムの中から、嶋田ちあきが厳選した物を使用。
デモンストレーションで使用した物は実際に会場でチェックできます。

インタビュー

津山さん(公認講師ライセンス保有)

「とても参考になり本当に参加してよかったです。エイジングメイクのテクニックを理論的に理解できたことで自信をもってメイクできます。時代に沿ったエイジングメイクを意識して活動していきたいです。」

三澤さん(シルバーライセンス保有)

「楽しかったです。特にリップやハイライトなどで、エイジングメイク特有のテクニックを学べたことはとても参考になりました。」

松田さん(公認講師ライセンス保有)

「基本のテクニックだけでは、エイジングに逆効果の場合もあり、リップなど年齢によってメイクを変えていかなければと思いまいた。とても勉強になしました。」

次回告知

今回参加できなかった方に朗報です!「フォローアップセミナー(2011秋冬)」の開催が決定しました。第一部では理事長の「嶋田ちあき」自らが、2011秋冬のアイテムを使用し、最新のメイクを伝授するプログラムとなっております。先着順の受付けとなっておりますのでお早めのご応募をお待ちしております。
お申込みはこちら